つわりが酷かった第一子の妊婦生活と人生で一番頑張った産後ダイエット

私は24歳の時に初めての子を妊娠しました。

妊娠が分かったのは6月下旬でして、その時は妊娠6週目くらいでした。7月に入り、だんだん夏らしくなる頃からつわりが始まりました。アルバイトの出勤日、風邪を引いたわけでもないのに、朝から全身のだるさと気持ち悪さに襲われました。そのままお昼だけ仕事に出かけましたが、飲食店勤務でして、料理を作る時の匂いが本当に気持ち悪く、吐き気を抑えるのに必死でした。

その後主人と相談し、匂いの問題や立ち仕事での赤ちゃんへの負担を考え、アルバイトを退職することにしました。私のつわりは匂いに敏感になり、飲食店の匂いや電車の中での人の匂いを感じると気持ち悪くなりました。嘔吐することも多かったです。特に夏の時期のつわりだったので、暑さや湿気により、余計にだるさが増しました。歩いていても、急に胃からこみ上げてくるものがあり、すぐにトイレに駆け込める状況でないと不安で仕方がありませんでした。一般的には安定期に入る5か月頃には、つわりは治まるはずなのですが、私の場合は全身のだるさは抜けたものの、胃の不快感は取れず臨月になるまで急な吐き気と闘っていました。

 

今思えば、嘔吐を繰り返した事によって胃が荒れてしまい、いわゆる逆流性食道炎になっていたのではないかと思います。この胃の不快感は、出産したと同時にすっかり無くなりましたが、次に問題になったのは妊娠中に増えてしまった体重をいかに妊娠前に戻すかということでした。出産後の私の体重は61キロで、妊娠前と比べるとプラス8キロでした。私は完全母乳で育てたのですが、母乳育児はかなりのカロリーを消費するため、産後1週間で57キロにまで落ちました。

しかし、その後は母乳育児だけでは体重が減ることがなかったので、退院後から食生活と運動を頑張りました。まず、和食中心の食事を心掛け、今まで大好きだった甘いものを、体重が元に戻るまで一切口にしませんでした。飲み物ももちろん甘いものは選ばず、水かお茶にし、夏の暑い日は炭酸水で乗り切りました。週に3回は実家に遊びに行きましたが、電車を使って約20分の実家までを、電車を使わず子供をベビーカーに乗せて1時間歩いて行きました。そのような生活を半年続けた結果、元の体重どころか45キロまで落ち、人生で一番軽い体重となりました。つわりは辛く、産後ダイエットも大変でしたが、おかげさまでお洋服を着るのが楽しい体型になりました。

さらにママニックという葉酸サプリも飲んでたので葉酸がつわりを少し緩和してくれないかなとか?プラシーボ効果も狙ってましたね!

参考 

ママニックは効果あり?なし?

もちろん厚生労働省が葉酸サプリを進めているので飲んでいるのは間違いないのですが・・・